USB3.0 Type-C SDカードリーダー マルチカードリーダー 写真 【送料無料(一部地域を除く)】 Micro SD SDカード 動画 データ移行 Android タブレット対応 Samsung タイプC 音楽 PC Macbook 440円 USB3.0 Type-C SDカードリーダー マルチカードリーダー 写真 Micro SD SDカード 動画 音楽 データ移行 タイプC PC Macbook Samsung Android タブレット対応 スマホ、タブレット、パソコン パソコン周辺機器 外付けハードディスク、ドライブ カードリーダー、ライター Micro,スマホ、タブレット、パソコン , パソコン周辺機器 , 外付けハードディスク、ドライブ , カードリーダー、ライター,PC,Type-C,タブレット対応,タイプC,SDカード,データ移行,音楽,/martyry1508587.html,SD,マルチカードリーダー,写真,440円,USB3.0,Samsung,www.sarrazin-csm.com,SDカードリーダー,Macbook,動画,Android USB3.0 Type-C SDカードリーダー マルチカードリーダー 写真 【送料無料(一部地域を除く)】 Micro SD SDカード 動画 データ移行 Android タブレット対応 Samsung タイプC 音楽 PC Macbook Micro,スマホ、タブレット、パソコン , パソコン周辺機器 , 外付けハードディスク、ドライブ , カードリーダー、ライター,PC,Type-C,タブレット対応,タイプC,SDカード,データ移行,音楽,/martyry1508587.html,SD,マルチカードリーダー,写真,440円,USB3.0,Samsung,www.sarrazin-csm.com,SDカードリーダー,Macbook,動画,Android 440円 USB3.0 Type-C SDカードリーダー マルチカードリーダー 写真 Micro SD SDカード 動画 音楽 データ移行 タイプC PC Macbook Samsung Android タブレット対応 スマホ、タブレット、パソコン パソコン周辺機器 外付けハードディスク、ドライブ カードリーダー、ライター

USB3.0 Type-C SDカードリーダー 女性が喜ぶ♪ マルチカードリーダー 写真 送料無料 一部地域を除く Micro SD SDカード 動画 データ移行 Android タブレット対応 Samsung タイプC 音楽 PC Macbook

USB3.0 Type-C SDカードリーダー マルチカードリーダー 写真 Micro SD SDカード 動画 音楽 データ移行 タイプC PC Macbook Samsung Android タブレット対応

440円

USB3.0 Type-C SDカードリーダー マルチカードリーダー 写真 Micro SD SDカード 動画 音楽 データ移行 タイプC PC Macbook Samsung Android タブレット対応

【超高速データ転送】
USB3.0インターフェースは、USB 2.0よりも10倍速く5Gbpsまでの超高速データ転送をサポートします。USB2.0/USB1.1にも対応

【Micro SD/SDカード専用カードリーダー】
Micro SDスロット:Micro SD/TF/Micro SDHC/Micro SDXC/UHS-Iカード
SDスロット:SD/SDHC/MMC/RS MMC/Extreme SD/Ultra SDカード
ほとんどのMicro SD/SDカードに対応します。

【Type-C/USB3.0接続】
PCやOTG機能対応のタブレットやAndroidスマートフォンのデータ転送に最適
USBポート経由で電源を供給し、面倒なインストールは不要で挿すだけですぐ使えます。

検索 iPhone5 6 7 8 9 10 11 12 13 アイフォーン XR XS X Max max MAX Plus Xr Xs xr xs アンドロイド android Android ケース カバー 携帯



















USB3.0 Type-C SDカードリーダー マルチカードリーダー 写真 Micro SD SDカード 動画 音楽 データ移行 タイプC PC Macbook Samsung Android タブレット対応

海外ドラマの感想やトリビアをのんびりと綴っています。一昔前のお気に入りドラマをマイペースで視聴中。


エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY シーズン3 あらすじ

第1話 ヤマアラシのジレンマ

ワトソンは麻薬カルテルのボス、イラナを逮捕するのに協力する。イラナについて証言するカレンは不安がっていてワトソンが元気付け、ホテルのエレベーターにカレンは刑事と乗る。アラームが鳴り響きベル刑事とワトソンは地下へ行ってみると、エレベーター内で刑事とカレンが死んでいた。エレベーターは地下まで止まらずに降り、誰も乗って来ていない。2ヶ月経っても、エレベーターのトリックは解明されていない。そんな中、匿名情報が寄せられ、名前に聞き覚えがあったワトソンはホームズの家へ行くと、本人と再会する。8ヶ月前、ホームズはメモのような置手紙だけ残してワトソンの目の前から姿を消し、ワトソンは別れも告げず去ったホームズを許していない。ホームズはグレッグソン警部と会い顧問に戻りたいと告げると、ワトソンの許可を得ろと言われる。

第2話 オレンジの種五つ

5つのオレンジ・ビーズを見つけたオープンショーは怖くなって弁護士フォーダムに電話するが、出たのはグレッグソン警部だった。警部は電話越しに相手が銃で撃たれる音を聞く。警部は死んだフォーダムの捜査で現場に来ている最中だった。オレンジ・ビーズはオープンショーの会社で作られていたもので、誤飲した子供が死んだ事件が起きていた。ホームズ達は被害者遺族のうち、一番怪しいコールマンの家へ。コールマンの家に夕べ侵入者があったが、殺人については否定する。その後、何故かコールマンは自分が2人を殺したと自主し、証拠となるオレンジ・ビーズが彼の車の中から見つかる。ホームズはコールマンが誰かにはめられたと考えている。ホームズ、ワトソン、キティはホワイト検事補に会いに行くが、キティが彼女を不快にさせて追い帰されてしまう。

第3話 イミテーション・ゲーム

数学者ハーランは数学ゲームに参加中で、謎を解いて廃倉庫の扉を開けると大量の防腐剤と死体が出て来る。被害者は殺される前に拷問を受けている。ホームズは壁に新しくペンキが塗られている部分があるのに気づき、何者かが次のヒントを隠したかったらしい。被害者のパートナーから他のゲーム参加者のリストをもらい、ホームズとベル刑事はバイロン・ローウェンタールに会いに行く。ホームズはベルをドアの前から引き離すと、ドア越しにショットガンで撃たれローウェンタールは逃亡する。部屋の中に残っていた数学の資料をハーランが解き、ホームズとベル刑事がそこへ行くとローウェンタールの死体があった。ワトソンはゲーム参加者の1人から、ポールが犯人を知っているという連絡を受ける。

第4話 世界でひとつの彼女

ホームズの元にAIのプログラム「ベラ」が盗まれたと、ボースティンが相談に来て依頼を受けることに。ボースティンのオフィスではベラに人形をつなげて、会話できるようになっている。ホームズはベラに興味を示し、長時間あれこれと質疑応答している。ワトソンとキティはプログラムをコピーして盗んだ犯人探しを始め、犯人が居た場所を見つける。タバコの吸殻が落ちていて、DNA検査で過去の窃盗事件の犯人と一致。当時の資料は犯人のスケッチしかなく、ホームズはラッセルズだと指摘する。アート専門の泥棒だったが鞍替えしたらしい。ホームズの調べで、バーネット・テクノロジー社が9年前からセキュリティ・コンサルタントのルパート・カーリックを雇っていて、ラッフルズの似顔絵と一致する。

第5話 ブラッド・ダイヤモンド

人間の手首だけが発見され、ホームズは推理して遺体の場所を突き止める。被害者はガンだったが治療の効果があったらしく、爪には犯人の血と皮膚が残されている。着衣からユダヤ教徒だと分かり、そこからたどって被害者は宅配店のオーナー、モシェ・シャピロだと判明。バイトのアミットから暗証番号を聞き出し、事務所の奥にあった隠し金庫をホームズが開ける。中には帳簿が入っていて、モシェはダイヤの密輸をしていたらしい。ワトソンがこっそり「ホームズの事件簿」という小説を書いていたのを、ホームズが見つけてしまう。警察署にホームズとキティが来ている中、ゴミ箱に捨てられていたブリーフケースが届けられ、中にはダイヤが入っている。モシェはケースと手を手錠でつないでいて、力の強い何者かが手を引きちぎったとホームズは考えている。

第6話 欲望という名の地図

キティに友達が出来たがホームズの用事で忙しく、遊びよりも仕事が大事だからいいと、キティはワトソンに話す。図書館で古い地図が盗まれ、依頼を受けたホームズはキティにメールして現場へ行かせる。館長のラファエルは警備のヴォーゲルが怪しいと言っていて、キティが地図の入っていた引き出しを開けるとヴォーゲルの死体がある。グレッグソン警部達警察やホームズ達が現場にやって来る。地図は複数盗まれていたが、犯人の目的は1794年バージニア州の地図だとホームズが突き止める。地図を所有していたブレイ家にやって来てマーガレットから話を聞くが、古い地図を持っていたことすら知らないとのこと。他の図書館でも地図の窃盗事件が起きていて、ホームズは来館者に名前のあるレネ・ドゥシェが犯人だと告げる。

第7話 ゴーン・ガール

キム・ホールダーの妹ジェシカは5年前から失踪中で、行方を探してほしいと依頼してくる。FBIのターナーはシリアル・キラーの仕業だと考えていて、他の現場からも同じようにナツメグの臭いがしたとのこと。ターナーは資料を渡そうとはせず、ホームズは彼の同僚達から資料と入手する。資料を読んだホームズは事件は別々の犯人によるもので、共通するのはナツメグの臭いだけだとのこと。ジェシカが持っていたキーホルダーには不明なキーが付いていて、同じアパートに住むノア・クレイマーの部屋の鍵だった。クレイマーはジェシカと不倫していたがアリバイがある。ワトソンは医師時代の友人クリスから、IDを盗まれたと相談を受ける。ジェシカのパソコンから彼女を殺したのはレイモンド・カーペンターだとわかり、ホームズは刑務所に会いに行く。

第8話 エンド・オブ・ウォッチ

パトロール警官アレック・フリンが殺され、車載カメラに覆面をした男が撃つ様子が残されている。ホームズはフリンの銃はエアガンだと言い、ワトソンは犯人の物だと思われる繊維を発見する。キティはフリンがシフトに入る前、署内の誰かに銃をすり替えられたのではと推測する。フリンの妻は夫は事故で鎮痛剤を使っていたが、依存症になっていたとのこと。ワトソンはエアガンの入手先を突き止め、薬のために銃を売りエアガンを買ったのはフリン本人だった。ベルはATFの捜査官をホームズに紹介し、フリンを殺した犯人は武器ディーラーのニコ・ブロスだと考えているらしい。ホームズはサポート・ミーティングで仲間から、「脳の屋根裏」というサイトについて聞かれる。ホームズがミーティングで発言した内容を載せていて、キティに運営者を突き止めるよう頼む。

第9話 エンド・オブ・ウォッチ

シャーロックは世話係のアルフレードから、車のセキュリティ・アラームを解除できるかどうかテストを頼まれる。アルフレードは一緒にミーティングに行こうと誘うが、シャーロックは仕事だと断ってしまう。ワトソンの医師時代の友人ショーナが訪ねて来て、シャーロックは勝手に依頼を受ける。友達で看護師のマリッサが行方不明で、警察は取り合ってくれないとのこと。家や職場から遠い場所でクレジットカードが使われていて、近くのゴミ箱から遺体を発見する。キティはマリッサが最近、ある会社から15万ドル振り込まれているとワトソンに話す。マリッサの爪に残っていたDNAはクリス・ジャコービーのもので、彼もまた1週間ほど前から失踪中。その後、クリスの遺体が見つかり、マリッサと同じ会社から15万ドル受け取っていた。

第10話 世界に一つだけの花

キティはサポート・グループのミーティング後、参加者のミランダから行方不明の娘テスを探してほしいと頼まれる。ホームズとワトソンは老夫婦の殺人事件を担当する。2人とも老齢だったが同じタイミングで自然死するとは考えにくく、ホームズは別の殺人の巻き添えだと言っている。ホームズはベル刑事達と建物の地下へ行き、焼死体を発見する。有毒ガスが発生し、老夫婦はそれを吸って死亡した。被害者クレイは、ネックレーシングというブラジル麻薬カルテルSDSの方法で殺されている。クレイの元恋人コートニーによれば、彼はSDSの新種のマリファナを作っていたとのこと。ワトソンは保険会社の調査員として働きながら、警察の仕事も続けるとホームズに報告する。

レジェンド・オブ・トゥモロー シーズン1 あらすじ

第1話 未来の危機

2166年、ヴァンダル・サベッジは全地球を制覇しようとしていて、タイムマスターのリップ・ハンターはサベッジを倒す仲間を集めるため、2016年へやって来る。スーパーヒーローや犯罪者など8人の仲間を一箇所に集めて説明し、未来を守るために一緒に戦ってほしいと説得する。時間を越えられるタイムシップ、ウェーブライダーに全員残り込み、サベッジの情報を持つボードマン教授がいる1975年へ。ウェーブライダーが飛び立った後、リップを追うバウンティ・ハンターのクロノスが2016年に現れ、ウェーブライダーの行き先を探っていた。ボードマン教授は古代エジプト時代の伝説を語り、自分はケンドラとカーターの前世の間に生まれた息子だと明かす。リップ達が留守中にクロノスが現れ、船が攻撃を受けてしまう。

第2話 尊い犠牲

1975年のノルウェーのブラックマーケットにサベッジが現れるという情報をつかみ、シュタイン教授達が乗り込む。サベッジは競りの参加者ではなく、競りで核弾頭を売ろうとしていてミックが競り落とす。金を払う前に教授が口にした言葉でサベッジが怪しみ、核の発射スイッチを押してしまう。ファイヤーストームが核弾頭の処理をして危機は去ったかに思えたが、戦いの中でレイはスーツの部品を落とし未来が変わってしまう。部品のありかを追うため、25歳のマーティン・シュタインが開発した装置を借りることに。ケンドラとカーターはサベッジを倒せる短剣の文字を読み取るため、前世の記憶をよみがえらせようとしている。スナートとミック、レイは短剣を盗むために所有者の屋敷に忍び込むが、他の物まで盗もうとしてつかまってしまう。

第3話 血の儀式

ケンドラがサベッジに刺された時、探検のかけらが体内に入り込み、ケンドラの容態は悪化する。シュタイン教授のナビゲートで、レイはアトムスーツでケンドラの体内に入りかけらを破壊することに。リップはサベッジの財産を奪って弱体化させるため1人で銀行に乗り込もうとするが、サラがついて行く。銀行に貴重なコインを預けようとするが、従業員達はサベッジの手下だった。リップは船を離れる前にジャックスにジャンプシップの修理を頼む。レイはケンドラの体内でかけらの1つを破壊するが、スーツに異常が出て脱出する。サラは殺しへの飢えが止まらなくなりサベッジの部下を殺しまくっていて、リップは情報が必要なので担当者を殺すなと指示する。スナートとミックはジャックスを説得し、盗みのためにジャンプシップを使わせようとする。

第4話 チームの分断

1986年のワシントン。ペンタゴンから資料を盗み出すため、レイとスナートはカードキーを持つ職員と接触してキーを手に入れる。ジャックスとシュタイン教授は警報装置をオフラインにしたはずだが失敗し、全員追われる羽目に。サラとケンドラは敵を倒すが、ケンドラは覚醒して暴れ出し手がつけられなくなってしまう。盗み出した資料によればサベッジはソ連にいて、ヴァレンティナ・ボストーク教授が手を貸しているとわかる。サラはケンドラの件をリップに報告すると、力の制御方法を教えるよう指示される。ボストークはバレエが好きで、レイがバレエの休憩時間に接触するが上手くいかずスナートが交代し、IDなどを手に入れる。そんな中、船はクロノスに追われ、リップはソ連の戦闘機を上手く利用してクロノスを退けて不時着する。

第5話 運命の決断

シュタイン教授はシスコと話していたが幻だと気づく。刑務所にいる仲間達を救い出すため、リップ達はブラトヴァと接触して情報を得るのに成功する。サラとスナートが刑務所に侵入して教授達を助け出し、ジャックスとケンドラは船に残ることに。リップはサラを呼び出し、教授を救えなければ、世界のためにも教授を殺すよう指示を受ける。教授の状態を感じ取れるジャックスは、腕にナイフで助けに行くと教授宛にメッセージを残す。教授が核融合に必要な公式を教えないため、サベッジはレイとミックを連れて来て教授の目の前で拷問しようとしている。ミックをかばおうとして、レイはサベッジの仲間に暴言を吐いて自分が拷問を受ける。ジャックスとケンドラはリップを説得し、全員で救出に向かうことに。

第6話 スター・シティの危機

2046年のスター・シティに偶然飛ばされたレジェンド達。船を動かすための装置を手に入れる必要があり、レイの元会社で今は使われていないスモーク・テクノロジーズ社になら装置があると見られる。リップ達が盗みに入るとグリーン・アローと遭遇し、オリバーは死んだと聞かされる。ミックとスナートが飲んでいると荒くれ者から文句をつけられ、ミックがリーダーを倒し代わりにリーダーとなる。グリーン・アローことジョン・ディグルの息子コナーは、街はデスストロークの息子スレイドが牛耳っていると語る。コナーの案内で元チーム・アローの基地にやって来たサラ達。そこで腕を失って失意に暮れる年老いたオリバーと再会する。ジャックスとケンドラは船の修理と調整をやっていて、ジャックスはケンドラに恋し始めている。また、レイもケンドラに好意を寄せていた。

第7話 裏切り

リップは息子のホログラム映像を見ながら、タイムマスター時代に妻ミランダと密かに付き合っていた頃を思い出していた。タイムシップのアケロン号船長イブ・バクスターからの救難信号を受信し、リップ達は助けに行くことに。リップ、ジャックス、シュタイン教授、ミックはジャンプシップで救助に向かい、教授は万が一に備えて待機している。船で待ち構えていたのはタイム・パイレーツで、教授以外は全員捕まってしまう。パイレーツのリーダーヴァラーはリップの頭に銃を突きつけウェーブライダーに通信し、レイに船をよこせと脅す。リップは会話にキーワードを仕込みギデオンに指示を出し、アケロン号を攻撃する。ウェーブライダーも攻撃を受けて損傷し、修理に行ったスナートとサラが閉じ込められてしまう。

第8話 潜入作戦

1958年のオレゴン州にサベッジが現れるという情報でリップ達はここへやって来て、ギデオンはこの街で連続殺人事件が起きていると報告する。レイとケンドラは夫婦のふりをして事件があった家に住み、シュタイン教授とサラは医師と看護師のふりをして被害者がいた病院へ。ジャックスは被害者のガールフレンド、ベティに近づき、リップとスナートはFBIに扮して警察から資料をもらう。サラ達のいる病院には立ち入り禁止エリアがありノックス医師が担当していて、ノックすの顔写真を見たサラはサベッジだと知って驚く。ケンドラ達の家に隣の家の夫婦が訪ねて来てパーティーに招待するが、夫の方はサベッジ本人だった。サベッジはまだケンドラに気づいていなくて、2人はパーティーに参加してレイが短剣を見つけて盗み出す。デート中だったジャックスとベティは羽の生えたモンスターに襲われ、ジャックスは連れ去られてしまう。

第9話 取り残された仲間

クロノスがウェーブライダーに侵入して船は飛び去り、ケンドラ、レイ、サラは1950年代に取り残されてしまう。リップはシュタイン教授とジャックスにジャンプシップへ行くよう指示するが2人はリップ達を助けることにし、戻るとスナートは連れ去られリップは倒れていた。サラ達はしばらく船が迎えに来るのを待っていたがやって来ず、この時代で生き延びる道を選ぶ。レイとケンドラは一緒に暮らし始め、レイは教授となって教えケンドラは司書の仕事をしている。サラは出て行ってしまい音沙汰なし。2年が経ちレイはケンドラにプロポーズするつもりで指輪を準備していた。2人がデート中、アトムスーツの部品で作ったビーコンが反応し、リップ達が現れる。リップは事情を説明して謝りケンドラは状況をすぐに受け入れるが、レイはこの時代でのケンドラとの生活に未練が残っている。

第10話 葛藤

2147年のカスニア・コングロマリットにチームはやって来て、サベッジが何かを企み準備しているのを阻止しようとしている。リップは今から5年後、パー・デガトンによって人類を死に追いやるウイルスがまかれ、サベッジが関係していると語る。街はロボット兵が警備していて、ロボットはレイのアトムスーツが進化したものらしい。リップはサラ、スナートと共にサベッジが参加しているカスニアの株主総会へ行き、サベッジがカスニアの幹部として意見を述べるが社長に却下するのを目撃する。リップがサベッジを尾行すると、まだ子供のパー・デガトンの教師で色々と教え込んでいた。未来のために今のパー・デガトンを殺すべきだという意見が出るが、子供を殺すことになるとチーム内で意見が分かれる。

こちらブルームーン探偵社 シーズン2 あらすじ

第1話 その金いわくあり

デイヴの兄リッチーは車のエンジンがかからずボンネットを開けてみるとアタッシュケースがあり、中には大金が入っていた。マディは国税庁から3万5千ドル払わないと家を差し押さえると言われ、デイヴに相談する。そんな中、兄リッチーから連絡があり、マディを連れて3人で高級レストランで食事をする。デイヴはリッチーに3万5千ドル貸してくれと頼み、マディには銀行口座に金が残っていたとごまかして渡す。デイヴはむしゃくしゃしてトイレで八つ当たりしていると、銃を持った男ナバロンに脅される。俺の金を返せと言っていて、相手はデイヴをリッチーと間違えている様子。マディがリッチーの家で2人でくつろいでいると、怒ったデイヴがやって来る。兄弟げんかした後リッチーは全てをデイヴとマディに語り、買った物を返品して金を作ることに。

第2話 仮面は2度告白する

久しぶりに探偵社に依頼人がやって来る。黒のマスクをかぶった依頼人バーバラは元恋人フランクに硫酸をかけられ、顔とのどを焼かれたとのこと。バーバラの結婚生活は上手くいっておらずまだフランクを愛していて、夫と離婚したいとのこと。フランクは出所しているはずなので、居所を突き止めてほしいとの依頼だった。マディは依頼を受けるべきではないと言うが、デイヴは社員のためにもやるべきだと主張する。やがてフランクが見つかり2人で会いに行くが、彼はバーバラには言わないでほしいと頼む。その後、フランクは誰かに殺され、遺体となって発見される。バーバラがやったと思っているデイヴとマディは彼女の部屋に怒鳴り込みに行くが、バーバラは2人には会ったこともなければフランクを恨んでいると伝える。

第3話 許せないあいつ

デイヴとマディが通りを歩いていると、ビルから飛び降りようとしている男がいる。マディは彼を知っていると言い、自殺を止めようと説得しに行く。マディはチャールズと男に呼びかけ事情を聞くと、マディと同じ会計士ロン・ソーヤーに金を持ち逃げされたとのこと。ロンはブエノスアイレスにいると聞き、デイヴが止めるのも聞かずマディは飛行機に乗りロンが経営するカジノへ。ロンは謝るどころか金は自分の物だと言い、ますますマディは怒りを募らせる。レストランで食事しようとしているとデイヴが現れ、カジノで儲けようと誘う。2万ドル勝って少しはマディも気分が晴れるが、まだまだ納得はいかない。ロンは上限のないプライベート・カードゲームをやっていて、マディは勝負しに行こうとデイヴを説得して乗り込むことに。

第4話 夢の中の殺人

クライアントから妻の浮気調査を頼まれたデイヴとマディは、報告のために古いナイトクラブへ。妻が浮気していないと知り、クライアントは怒って帰ってしまう。ナイトクラブのオーナージェリーは古き良き時代の店のことや、クラブで起きた殺人事件のことを語る。クラブの歌手だったリタにはクラリネット奏者の夫がいたが、新しくやって来たトランペッターの男性と恋に落ちる。2人はリタの夫を殺し死刑となったが、真相はわかっていないとのこと。マディは男の方がやったに違いないと言っていて、デイヴは女の方だと口げんかになってしまう。その夜、マディとデイヴはそれぞれ1946年に起きた殺人事件の夢を見る。マディは夢の中で歌手のリタでデイヴはトランペッターだったが、お互いに見た夢の内容は違っていた。

第5話 身代金のトリック

デイヴと社員達がリンボーダンスで盛り上がっている中、マディはデイヴの子供っぽいやり方にケチを付ける。デイヴが大人の態度でいられるかどうか、2人で賭けをすることに。そんな中、義理の息子クラークが誘拐されたと母親エミリーが相談にやって来る。身代金要求の連絡があり10万ドル渡す用意はあるが、なるべく値切ってほしいとのこと。デイヴとマディは受け渡し場所に行き、金の入ったバッグを指定通り、シューターに入れる。デイヴが建物の上に登ってバッグを取りに来た男を見つけ、マディに指示して男を捕まえる。男の正体はクラーク本人で、ギャンブルで作った借金をチャラにするため狂言誘拐を思いついたらしい。3人でよく話し合い、クラークは金を返すので今回のことはだまっていてほしいと言っている。

第6話 昔の女に未練あり

マディの所へ依頼人ジリアンがやって来て、盗まれた祖母の形見のペンダントを探してほしいと相談中、デイヴが入って来る。デイヴとジリアンはお互いに知り合で、ジリアンは数年前に手紙だけ残してデイヴの前から去った元恋人だった。デイヴはジリアンに会いに行き、夫ハーランは離婚をためらっていて自分に執着しているとジリアンは話す。バルコニーに出て手すりにもたれたジリアンは手すりが壊れて落下しそうになり、デイヴに助けられる。デイヴはジリアンの言う通りハーランは彼女を殺しかねないと考え、マディに相談する。マディはハーランに会いに行くが、デイヴから聞いたような怪物には思えなかった。その後、ジリアンは睡眠薬に策されて、病院に入院する。

第7話 虹の橋のたもとに

アイルランド人の女の子キャサリンが名前が気に入ったと言って、相談にやって来る。自分は金貨の壷を守る妖精で、何者かに狙われているので力を貸してほしいとのこと。マディはキャサリンは頭がおかしいと取り合わないが、デイヴは面白そうだと依頼を引き受ける。デイヴはキャサリンと行動を共にしていると、若い男性がキャサリンを尾行していてデイヴは頭を殴られて気絶する。デイヴは夜中の3時にキャサリンを連れてマディの家へ。翌日、マディはキャサリンに証拠を見せてほしいと言うと、壷は虹の橋のたもとに埋めてあるとのこと。キャサリンの案内で鉄橋の下を掘ってみると、彼女の言った通り金貨の入った入れ物が埋まっていた。マディは風変わりなキャサリンをだんだんと気に入り、床下の金庫にキャサリンの金貨を隠すようすすめる。

第8話 二枚の絵のなぞ

探偵社が初の黒字となりデイヴとマディは利益を何に使おうか盛り上がっていると、マディは警察に呼び出される。フィリップ・ライトという画家が殺され、彼は「チャールズの宝」と名付けたマディの肖像画を描いていた。担当刑事には何も知らないと答え、マディは絵を購入する。探偵社にフィリップの兄弟チャールズが訪ねて来て、ずっと海外にいて彼の訃報を聞いて戻ったばかりだとのこと。マディはチャールズに絵を見せようと家に連れて行き、買った絵をプレゼントする。また刑事から連絡があり、チャールズが殺されたとのこと。刑事が言うにはチャールズは美術品を泥棒していたらしく、高価な絵が見つかっていないらしい。取調べを受けるマディはデイヴに連絡し、デイヴが家までマディを送って行くと家の中が荒らされていた。

第9話 二人の固い結束

朝早くからマディがオフィスで朝食の準備をしていると、呼び出されたデイヴがやって来る。マディは大手会社のルー・ラサールが事務所を買いたいと言って来て、売るつもりだと伝える。2人は口論となり、デイヴは出て行ってしまう。バーで飲んでいたデイヴはフィルという客と知り合いになる。フィルは実業家ウェルマンの会社で秘書として働いていたが、オフィス荒らしにあいウェルマンの顧客データをまとめたロール・インデックスが盗まれ会社をクビになると落ち込んでいる。ウェルマンの会社の顧問はルー・ラサールで、デイヴは実力を示すためにもフィルに力を貸すことに。ロール・インデックスの行方を2人で探し、ゴミ集積場から見つけ出す。事務所を売ったマディが出社すると事務所は様変わりしていて、自分の居場所がなくなっていた。

第10話 まるで聖書の世界

マディが事務所に出社すると、みんな忙しそうに電話応対をしている。デイヴが「サンタのホットライン」の仕事をやっていて、子供達からひっきりなしに電話がかかって来る。そんな中、赤ん坊の泣き声が聞こえ、トピストが机の下に赤ちゃんを隠していた。事情を聞いてみると、昨日の夜洗濯して部屋に戻って来ると赤ちゃんが置かれていたとのこと。マディは警察に届けようと言うが、デイヴは探偵らしく自分達で赤ん坊の両親を探そうと口論になってしまう。デイヴとマディがトピストの部屋へ行こうとすると、司法省の3人組から呼び止められる。別の部屋でヨセフという男が殺され、彼は証人保護を受けていたとのこと。2人とも何も知らないふりをして、その場を切り抜ける。